• ”憲法がいきる社会” 学習会を終えて
  • 投稿日:2017年11月27日

 11月15日、首都大学東京の憲法学者木村草太さんを憲法講演会を開催しました。

越谷市中央市民会館の330名定員の劇場は超満員となり、たくさんの方にご参加いただきました。 本当にありがとうございました。

 

 さすがの木村先生、切れ味鋭く憲法を生かす社会とはについて明快にお話しいただきました。ときに笑いがどっとおきるユーモアもたっぷりと。

 

 参加者の皆さんに質疑応答コーナーが好評でした。 北朝鮮からミサイルが飛んでくる不安もあり、憲法を改正しようとしているのではないか?との質問には、現行憲法の個別的自衛権での対応することになり、もし本当にミサイルが着弾するようなことがあれば、憲法どうのという問題ではなく「外交の失敗でしょう」ときっぱりとお話しされていたことが印象的でした。

 

 今回の講演会は当事務所だけでなく計6つの法律事務所と会計事務所との共催で開催することができました。ご協力いただいた事務所の皆様に感謝申し上げます。

 

 憲法改正の議論はこれから安倍政権が本腰を入れて取り組むと既に宣言しています。憲法まもれの声は風前の灯なのか? もう本当に変えられてしまうのか? そうではないと勇気づけられた講演会でした。しかしそうはいっても憲法改正がいよいよ不安になってきた昨今。木村草太さんのように堂々と憲法を語って立ち向かいたいと思います。

                                                       事務局 О

 

IMGP1742r1ブログ

 

 

 

 






ページトップへ