• 交通事故を起こして相手に怪我を負わせてしまったが、示談が成立し、刑事事件としては起訴されずに済んだ事例
自動車で交差点を右折中、対向車線から来たバイクと衝突してしまい、バイクを運転していた相手に怪我を負わせてしまい、逮捕勾留されてしまった方のケースです。 ご家族が法律事務所に来所され、弁護士が受任しました。弁護士はまず、警察署で連日ご本人と面会し、事故当時の運転状況や被害者の動きなどを丁寧に聴取、調査して、必ずしも当方の過失が大きいわけではないことを確認しました。そして勾留延長をストップさせて一旦釈放してもらい、仕事に早期復帰できました。並行して、刑事事件の処分が保留となっている間に示談交渉を進めて、事故から4か月後に無事に示談成立とすることができました。これらの成果を踏まえて、最終的に刑事事件としても起訴されずに済みました。




ページトップへ