• 必ず値上がりすると勧誘されて締結した商品先物取引の契約により被った損失の賠償を受けることができた事例

 「いま,ガソリンが安くなっているので,買っておけば必ずすぐに値上がりする。」などという,商品先物取引業者の勧誘を受け,断り切れずに契約してしまった方のケースです。

 最初に,証拠金として300万円を預け,その後,「取引をもう少し大きくした方がいい。」とか,「いま,値下がりして損失が出ているので,追証拠金が必要だが,もう少し待てば必ず値上がりして利益が出る。」などといわれて,追加で700万円,合計1000万円を預けましたが,最終的に約480万円の損失を出して取引が終了しました。

 受任後,依頼者は高齢であり,しかも,交通事故の後遺症で判断能力が低下していたこと,業者の説明に問題があったことを主張して交渉したところ,損害賠償として300万円の支払いを受けることができました。

 訴訟を提起すれば,より高額の賠償が認められた可能性もある事案でしたが,体調などを理由に依頼者が訴訟をのぞまなかったため,前記金額で和解しました。






ページトップへ