• 長時間労働で病気になったため勤務先に損害賠償請求をした事例

 勤務先の会社で長時間残業が長期間続いたため,脳や心臓の病気になってしまうということがあります(過労死問題として知られています。)。

 長時間労働によって病気になり重い障害が残ってしまったある方は,労災申請をして認められました。そして,労災認定により,長時間労働の事実が資料に基づき明確になったことから,その方が原告となり,従業員である原告の健康管理を怠ったことを理由として会社に対して損害賠償を請求する訴訟を起こしました。

 このような訴訟では,原告(労働者)にも自己管理責任があったなどとして賠償額が減額されること(過失相殺)もあるため,原告が自分の健康にも気をつけながら真面目に働いていたことを明らかにするように努めました。その結果,原告の責任が問題とされることなく,十分な補償を受けられる和解をすることができました。

 






ページトップへ