• ミュージカルのすすめ
  • 投稿日:2015年7月29日

 東宝ミュージカル「エリザベート」を観ました。

 感動です!

 初演から15年、舞台セット、衣装や演出も変わって、新たな素晴らしい舞台になっていました。

 ハプスブルク帝国最後の美貌の皇后「エリザベート」が、皇帝に見初められてから暗殺されるまでの半生を、常にまとわりつく死の概念を擬人化した黄泉の帝王「トート」との愛の物語にして描いたものです。

 トートは城田優さん。圧倒的な強さにクールでエロチック。長身に銀色の長髪が似合ってビジュアルもとっても素敵!歌声にもうっとりでした。

 エリザベートは花總まりさん。可憐さに凛とした美しさ、軽やかの身のこなし、そしてなんといっても素晴らしい歌声。華奢な体からどうしてあれほどの声が出てくるのでしょう。宝塚時代に、歌姫として長年トップ娘役に君臨したその歌声はまだまだ進化し続けています。

 

 帝国劇場は越谷から1時間もかからないので、仕事帰りでもソワレに間に合います。

 近隣には他にもたくさん劇場があります。

 音楽などは右脳を活発にするとも言われ、感動して涙を流せばデトックス効果にも。

 何も考えずに3時間舞台に集中すると頭がリセットされています。

 ミュージカル、おすすめです。

事務局 S






ページトップへ