ご相談から事件終了後までの流れ

相談からの流れ

弁護士費用の種類
着手金 事件等を依頼された時点で、委任事務処理の対価としてお支払い頂く基本報酬です。
報酬金 事件等が終了したときに、成功の程度に応じて、委任事務処理の対価としてお支払いいただく成功報酬です。
実費 収入印紙、郵便切手、交通費等、事務処理にかかる実費です。

弁護士費用の支払い時期
着手金 事件等の依頼を受けたときにいただきます。
報酬金 事件等の処理が終了したときにいただきます。
実費 事件の依頼を受けた時に概算額をお預かりする場合と、終了時にお支払いいただく場合があります。
※着手金は分割によるお支払いもできます。
※収入が少なく、一定の資力基準に該当する方は、法テラス(法律扶助)が利用できます。

弁護士費用の標準額(消費税別)
区分 着手金 報酬金 備考
金銭請求
(売掛金、損害賠償、交通事故、労働、消費者被害等)
経済的な利益の額が
[300万円以下の場合]
 8%(最低額100,000円)
[3000万円以下の場合]
 5%+90,000円
[3億円以下の場合]
 3%+690,000円
経済的な利益の額が
[300万円以下の場合]
 16%
[3000万円以下の場合]
 10%+180,000円
[3億円以下の場合]
 6%+1,380,000円
※調停および示談交渉事件の場合、上記金額を3分の2程度に減額することがあります。
※保全および強制執行を伴う場合、別途費用がかかります。
不動産・建築 不動産の評価額が
[300万円以下の場合]
 8%(最低額100,000円)
[3000万円以下の場合]
 5%+90,000円
[3億円以下の場合]
 3%+690,000円
不動産の評価額が
[300万円以下の場合]
 16%
[3000万円以下の場合]
 10%+180,000円
[3億円以下の場合]
 6%+1,380,000円
※保全および強制執行を伴う場合、別途費用がかかります。
債務整理
(個人)
[個人破産]
 250,000円~
[個人再生]
 270,000円~
[個人再生(住宅資金特別条項)]
 370,000円~
[任意整理]
 1社 40,000円
[個人破産]
 いただきません
[個人再生]
 いただきません
[個人再生(住宅資金特別条項)]
 いただきません
[任意整理]
 請求額減額分の10%
 過払金回収額の20%
※破産管財人、再生委員が選任される事案については、費用が異なります。
離婚事件 [交渉及び調停事件]
 200,000円~
[訴訟事件]
 300,000円~
[慰謝料・財産分与等を伴う場合]
 金銭請求の基準に準じる
[交渉及び調停事件]
 200,000円~
[訴訟事件]
 300,000円~
[慰謝料・財産分与等を伴う場合]
 金銭請求の基準に準じる
※保全および強制執行を伴う場合、別途費用がかかります。
相続・遺言、成年後見・財産管理 [相続・遺言]
 金銭請求の基準に準じる
[成年後見・財産管理]
 離婚事件の基準に準じる
[相続・遺言]
 金銭請求の基準に準じる
[成年後見・財産管理]
 離婚事件の基準に準じる
刑事事件 200,000円~ 200,000円~ ※私選で受任した場合の費用です。
中小企業・自営業 [顧問料]
 月 30,000円~
[売掛金回収等]
 金銭請求基準に準じる

[売掛金回収等]
 金銭請求基準に準じる

※顧問契約を結んでいる場合には割り引き料金になります。
債務整理
(法人)
[倒産・破産]
 500,000円~(事業規模に応じて異なる)
[倒産・破産]
 いただきません
※法人代表者も破産する場合には別途費用がかかります。
※負債総額が多額の場合の着手金は以下のとおりです。
[1億円~3億円]
 1,000,000円~
[3億円~5億円]
 1,500,000円~

※弁護士報酬の額は、あくまで標準的な金額を定めたものであり、事件等の難易度、その処理に要する時間、依頼者の受ける利益等を考慮して、増減することがあります。
※上記以外の事件は、上記を基準として定めます。
※別途消費税がかかります。

お問い合わせはお気軽に




ページトップへ