• 怪我の治療中に保険会社から治療打ち切りの連絡を受け、交渉によって治療継続をした事例

自動車に乗って信号待ちで停止していたところ、追突事故に遭い、頸椎捻挫の診断を受けた方からの相談を受けました。
事故後9か月間通院治療を重ねてきましたが、相手方の保険会社からは、「これ以上の治療費はもう出せない。」との強い通告を受けたとのことであり、法律事務所に来所されました。痛みがとれずまだ治療継続をしたいとのことでしたが、保険会社担当者とは喧嘩腰になってしまうとのことで、疲れ切ってしまったとのことでした。そこで、保険会社との当面の交渉とその後の示談交渉について弁護士が受任しました。
弁護士が受任したことで、窓口がご本人から弁護士に変わりますので、ご本人のストレスが大きく軽減され治療に専念できるようになりました。並行して弁護士は主治医と面談を行い、症状の詳細な説明を受けてこれを保険会社に報告し、さらに3か月の治療延長を認めさせました。1年の治療継続後、後遺症の認定も得て、高水準の示談を成立させることができました。






ページトップへ