• 単身赴任中に他の女性と夫婦同然の生活を送るようになった夫へ離婚と、慰謝料を求めた事例

夫が単身赴任中に女性と夫婦同然の生活を送るようになり、離婚と慰謝料の相談にみえられ受任したケースです。持参された資料とお話を踏まえると、夫の不貞行為の相当程度の裏付けがとれましたので、夫と女性に対して、内容証明郵便を送付の上、慰謝料の支払いを求めました。先方にも弁護士が就き、慰謝料の金額をめぐって争われましたが、相手方弁護士と協議を重ねた上、300万円を一括で支払う内容で合意が成立し、協議離婚が成立しました。






ページトップへ