• 総額400万円の負債のある事案で、自己破産を申立て、免責決定を得た事例

建築現場で働くCさんは、病気で長期入院を余儀なくされ、生活費を補填するため、複数の金融業者から借り入れをしたところ、負債が約400万円になり、返済もできなくなりました。
Cさんは、弁護士と相談し、現在の生活状況をふまえて、自己破産の手続を選択することにしました。ご依頼を受けた弁護士が、Cさんの財産と負債の状況を調査するとともに、裁判所に提出する書類を作成して、裁判所に自己破産手続きの申立てを行いました。
その後、Cさんは、弁護士とともに裁判所の免責審尋期日に出頭し、その結果、裁判所の免責決定を得ました。これにより、Cさんは、負債全額を免れることができました。






ページトップへ