小木 出
おぎ いずる
弁護士 小木 出
法律相談では、「悩みを抱えた相談者の方の気持ちが少しでも楽になれば」ということを常に意識して臨んでいます。
案件の種類は問いませんが、交通事故と相続の案件を多く扱っています。
交通事故の案件では、高次脳機能障害やMTBI(軽度外傷性脳損傷)といった後遺症が問題となる事案について、他の弁護士や専門医と協力しながら、より良い解決を目指しています。
相続の案件では、他の友好士業(税理士、司法書士、土地家屋調査士など)と連携を図りながら、相続税の申告や登記の申請等、全体的なサポートを行っています。

経歴

中央大学法学部卒業
慶應義塾大学大学院法務研究科修了
埼玉弁護士会 子どもの権利委員会委員
同  裁判員制度委員会委員
同  人権のための法教育委員会委員
同  死刑廃止検討プロジェクトチーム座長
2014年~ 埼玉弁護士会死刑廃止検討プロジェクチーム座長

登録年 2008年
弁護団活動等 埼玉労働弁護団
埼玉医療問題弁護団
首都圏建設アスベスト訴訟弁護団
MTBI弁護団
著書など
事務所スタッフの一押しポイント
とても頭がキレる冷静な弁護士。
スマートで丁寧な依頼者対応とポーカーフェイスでなんでもソツなくこなしますが、仕事に対する熱意は誰にも負けません。仕事も早いので、色々と頼まれることが多いですが、それらも「ソツなくこなす」心の広い弁護士です。



ページトップへ