• 幼き日の思い出
  • 投稿日:2016年3月24日

 

 あと1カ月で新年度になりますね。3月は卒業、4月から進級・進学・就職と、それぞれの道へ進まれる方も多いかと思います。今日は、私の子ども時代のお話を少し・・・

 

 4月になると、新1年生の初々しいランドセル姿をよく見かけますね。私は、ランドセルを見ると、自分がランドセルを買ってもらった時のことを必ず思い出します。今のように、カラフルできらびやかで軽いものではなく、当時のランドセルは「黒」「赤」のみで、とても重いものでした。

 

家族でお店に行き、選んだランドセルを試しに背負わせてもらった時のことです。ランドセルの重みに負けて、後ろへ倒れてしまったのです。(当時はとても体が小さかったのです。年少さんと間違われるくらいでした。)

 

 店員さんに「空のランドセルが背負えなければ、学校へ行けないよ。」と爆笑されてしまいました。

 

 店員さんの予言?通り、しばらくはランドセルを背負って通学するのがやっとで、その他体操服など学校道具一式は、一緒に通学する姉に持ってもらっていたのでした。

 

事務局 M

 






ページトップへ