• 浪漫活劇 るろうに剣心
  • 投稿日:2016年3月28日

 

 ミュージカルファンはもちろんのこと、原作漫画、アニメや映画のファンの間でも超話題作の舞台「るろうに剣心」。初日の舞台を観ました。

 

 まずびっくりなのが、ビジュアルのすごさ。まるで漫画から抜け出てきたような登場人物たちの、想像以上のリアル具現化!いや、さらに美しく、カッコイイ!

 

 贔屓は剣心さまで、その素敵さは筆舌に尽くしがたいほどですが、今回結構ツボなのが四乃森蒼紫とお庭番衆。蒼紫様は本当に本当に美しくてカッコいい。その蒼紫さまを囲むお庭番衆たちも、劇団中堅どころのイケメンたちで、そのきれいなお顔に躊躇なく怖いメイクをし、お面までかぶって役に徹する役者魂には感動。蒼紫さまを囲んでのナンバーまで披露しています。

 

 他にも、武田観柳の面白すぎるガトリングガン「ガトガトソング」、ニヒルでスタイル抜群「悪・即・斬」の斎藤一、斬馬刀を振り回す長身の相楽左之助、超絶可愛い薫殿など、目がいくつあっても足りません。

 

 日本物には定評がある組なので、殺陣もそれはそれはかっこよくて瞬きする間も惜しいほど。1本物なのに2度の客席降りもあり、フィナーレのキラキラショーまでついていて、まだ固い未完成の初日の舞台とはいえ大満足の3時間でした。

 

 もうすぐ東京公演が始まります。あれから舞台がどれだけ進化したのか、再び観劇する日が待ち遠しいです。

 

事務局 S

 






ページトップへ