• 越谷駅の歴史
  • 投稿日:2015年9月11日

 越谷駅東口の再開発が終了したのは3年ほど前だったでしょうか。

 つい最近だった気がするのですが、不思議なことに、再開発前の東口ロータリーがどのような姿だったのかが思い出せません。人間の記憶もこの程度というところでしょうか。

 

 前回のブログで、越谷駅に残された元荒川鉄橋の橋脚をご紹介しましたが、東口ロータリーにも越谷駅の歴史を感じさせる記念碑が残されています。

 それによりますと、なんとこの駅は、地域住民の請願によって開設されたとのこと。詳細は記念碑に書かれているのでご覧いただければと思いますが、これを見て感じるのは、越谷駅の開設までには、当時の人々の並々ならぬ思いがあったということです。

 

 今も昔も、物事を動かすのは人々の力なのだなと改めて感じると共に、歴史を忘れないためには、何らかの形を残しておくことなのだな、などと感じてしまうのは、少し涼しくなってきたからでしょうか。

 

   

 

事務局 N

 






ページトップへ