• 事務所より御挨拶
  • 投稿日:2016年2月4日

 

 寒中お見舞い申し上げます。

 

 安保法制をはじめ、マイナンバー制度の施行、派遣法制の改悪、TPPなど、国のあり方や私たちの生活に大きな影響を与える極めて重要な法制度が、多くの国民の意思を反映しない状態のまま、政府によって実行に移されております。みずからの人権と平和を守りたいと願う人びとにとって大きな向かい風が吹いておりますが、この逆風は、国民全体、とりわけ、これまであまり大きな声を上げることがなかった若者たちに、民主主義とは何かを考え、おかしいことをおかしいと社会に発信することに導く強烈なエネルギーも与えました。

 

 たたかいは、これからです。所員一同、逆境に立たされた憲法と民主主義の理念を護る活動を、ねばり強く続けていきます。

 

 また、地域に根ざすことをモットーとした法律事務所として、足下をおろそかにすることのないよう、地域のみなさまからのご依頼に全力を傾け、充実した法律サービスを提供できるよう、研鑽を続けて参ります。

 

 本年も、引き続きご支援、ご指導を賜りますよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

埼玉東部法律事務所






ページトップへ