• 自身の相続について、公正証書遺言を作った事例

夫に先立たれたCさんには長男と次男がいましたが、Cさんと長男は折り合いが悪く、Cさんの生活の面倒はすべて次男が見ていました。自分が亡くなった後の相続財産はなるべく次男に渡したいと考えたCさんは、弁護士と相談し、自分の希望を実現するため、公正証書遺言を作ることにしました。
弁護士は、公証人と打合せをしながら、将来長男と次男との間でトラブルが起こらないよう配慮した遺言書の文章を作成したり、Cさんが亡くなった際には、弁護士が遺言執行者として遺言書の内容を実現するようにしておくなどしました。
その結果、Cさんは、ご自身の希望に最大限沿うかたちの公正証書遺言を作ることができました。






ページトップへ