• 亡くなった父親に多額の借金があることが判明し、相続放棄をした事例

飲食店を営んでいたBさんの夫が交通事故で亡くなりましたが、夫には銀行に2000万円の借金があるほか、金融業者などにも相当な借金がありました。金融業者から借金を払うよう督促を受けたBさんは、弁護士と相談し、家庭裁判所に相続放棄の申述を行い、弁護士を通じて銀行や金融業者に連絡をすることで、夫の負債を免れることができました。






ページトップへ